4591 リボミック 他の競合する開発品との差別化について

加齢黄斑変性症の新薬開発は、投与間隔をなるべく長くするものと既存のTarget以外の標的をも狙うものが2大潮流となっている。リボミックのRBM-007は後者のタイプであり、米国でも注目されている開発品である。レポートを本日発行